医院のご案内

診療のご案内

白内障日帰り手術について

フォトギャラリー

HOME


HOME > 子供の目の健康について

お子さんに多い眼病

ものもらい

まぶたに出来る病気で、細菌に感染して腫れるもの(麦粒種)と、分泌物がつまり無菌性でしこりをつくるもの(霰粒腫)があります。いずれも、まぶたがふくらむのが特徴で、一般に「ものもらい」と呼ばれている疾患です。なお、麦粒種の原因(細菌)も、通常皮膚に存在するもので、他人に伝染するタイプの病気ではありません。(ウイルス性の“はやり眼”とは異なります)

細菌が原因の場合は、抗生物質の点眼や軟膏、内服薬を組み合わせ腫れや痛みを治療します。霰粒腫で細菌感染のない場合は、痛みや異物感はありませんが、悪性化の可能性や美観の問題があるため、抗炎剤で炎症を抑え、長期間大きな場合は切除を行うこともあります。

ものもらいにかかった場合、眼帯をつけられる方も多いのですが、特に成長期のお子さんの場合は、短期間であっても、覆った眼の方が弱視のきっかけになる場合があります。まずは小児眼科にて、正確な診断と、お子さんの年齢に合った適切なアドバイスを受けられてください。

HOME > 小児眼科 > お子さんに多い眼病:結膜炎ものもらいさかまつげ鼻涙管閉塞

藤が丘駅より徒歩約3分
はせがわ眼科医院
愛知県名古屋市名東区
藤が丘123


ご不明な点は
052-777-7002
お気軽にお問合せください


禁無断転載 Copyright © Hasegawa Eye Clinic. All rights reserved. 当院ホームページの閲覧にはAdobe Flash Playerが必要です。