医院のご案内

診療のご案内

白内障日帰り手術について

フォトギャラリー

HOME


HOME > 子供の目の健康について

視力の発育障害(近視/仮性近視、遠視、乱視、斜視)

お子さんは、成長の途中であるため、視力の発育を妨げる障害があると、正しく「視る」ということが分からないまま成長が進み、脳の視機能や、視機能を通した脳そのものが未発達のまま固定化されてしまいます。大人の方の「最近眼が悪くなって・・・」という状況とは大きく異なりますので、できるだけ早く専門医を受診させてあげてください。

お子さんの視力の障害は、大きく分けて、屈折異常(近視、遠視、乱視)、弱視、斜視があります。屈折異常と弱視の違いは、屈折異常は網膜に像を正しく結ばない状態(めがね等で矯正すれば見える)なのに対して、弱視は視力そのものが未発達で見えないという点です。弱視の原因は屈折異常により脳への情報経路が育っていない場合や、斜視により片方の眼が使われなかった場合などがあります。左右の視力が大きく異なる時は、不同視とよばれることもあります。両方の眼を正しく機能させて立体感の把握を養うことも視力の発育にはとても重要になります。

お子さんが幼いと、言葉による意思疎通が難しいこともあり、特に片方の眼だけ異常がある場合などは、ご家族がなかなか気づいてあげられないことがあります。そのような場合もよく観察すると、片方の眼だけ近づけるようにモノを見ていたり、眼のどちらかをふさぐと極端に嫌がる(見えない眼だけになるので)ことで異常が分かったりします。なるべく早めに気づいてあげて、小児眼科医によるサポートを受けられてください。

HOME > 小児眼科 > 視力の発育障害

藤が丘駅より徒歩約3分
はせがわ眼科医院
愛知県名古屋市名東区
藤が丘123


ご不明な点は
052-777-7002
お気軽にお問合せください


禁無断転載 Copyright © Hasegawa Eye Clinic. All rights reserved. 当院ホームページの閲覧にはAdobe Flash Playerが必要です。